第12回日本ゲノム微生物学会年会

プログラム・日程表▷ ページを更新する

プログラム一覧

一般演題

プログラム詳細

▶ シンポジウム

シンポジウム1

日時:3月5日(月)17:20~19:20  年会1日目

オーガナイザー:大島 拓(富山県立大学)、金井 保(京都大学)

タイトル:アーキアのゲノムバイオロジー:ゲノム研究が解き明かす新しいアーキアの姿

演者 タイトル

大島 拓

(富山県立大学)

はじめに

佐藤 悠

(静岡大学)

16S rRNA遺伝子のG+C含量に着目したアーキアの高温適応メカニズム

邊見 久

(名古屋大学)

アーキアにおけるメバロン酸経路の多様性

蘆田 弘樹

(神戸大学)

非光合成生物におけるCO2固定酵素RuBisCOホモログの機能

玉木 秀幸

(産業技術総合研究所)

培養技術と環境ゲノム情報で紐解く未知アーキアの新機能

金井 保

(京都大学)

おわりに
シンポジウム2

日時:3月7日(水)9:30~11:30  年会3日目

Date:March 7 (Wed) 9:30 ~ 11:30

タイトル:Viruses Govern the World: From the Creation of Genes to Global Biogeochemical Cycle

共催:新学術研究領域「ネオウイルス学」

Cosponsored by Grant-in-Aid for Scientific Research on Innovative Areas, ‘Neo-virology’

Organizer: Hiroyuki Ogata (Institute for Chemical Research, Kyoto University)

Speaker Title

緒方 博之(京都大学化学研究所バイオインフォマティクスセンター)

Hiroyuki Ogata(Kyoto University)

Introduction

Symposium Keynote

Jean-Michel Claverie

(Aix-Marseille University & CNRS)

Diversity and evolution of the emerging
Pandoraviridae family, the largest known viruses

村田 和義(生理学研究所)

Kazuyoshi Murata(National Institute for Physiological Sciences)

Structural analysis of Pithovirus sibericum by Cryo-EM

吉田 天士(京都大学大学院理学研究科)

Takashi Yoshida (Kyoto University)

The cross-omics of marine viruses: ecological perspective
Romain Blanc-Mathieu (Kyoto University) Actors of the biological pump: are viruses involved in the process?

ページの先頭へ

▲ TOP